歯医者

歯科で歯の病気を治療しよう|症状に合わせた対処法

歯並びを整える器具

歯型

さいたま市では、13歳前後から矯正歯科を受診できます。13歳前後は永久歯が生え揃い、顎の骨もほとんど成長しているので、安全に治療が受けられる時期なのですが、歯列矯正をすると様々なメリットが得られます。まず、さいたま市で矯正歯科を受けると、歯並びが整うので自信をもって人前で話ができるようになります。さらに、歯に余分な隙間がなくなると歯垢の詰まりなどが解消されて虫歯や歯周病を予防することができるので、なるべく早いうちに歯列矯正を受けるべきです。しかし、さいたま市では成人してからでも矯正歯科を受診することができ、治療に使用される矯正器具も様々あります。最もメジャーな治療方法が歯の表面にワイヤーを取り付けて歯を徐々に移動させていくというものですが、一番高い治療効果があるので昔から多くの矯正歯科で行なわれています。

さいたま市の矯正歯科では、ワイヤーを表面に取り付ける以外の治療方法も用意しています。それが裏側矯正やマウスピース矯正です。裏側矯正では歯の表面ではなく裏側に矯正器具を取り付けるので、歯列矯正の治療中でも周りに気兼ねすることがありません。また、ワイヤーの中にも目立たないホワイトワイヤーなどもあるため、表面に器具を装着しても目立つ心配がありません。そして、さいたま市で近頃需要が高くなっている矯正方法がマウスピース矯正です。ワイヤーに比べると比較的簡易的な治療法になるのですが、使用する器具は取り外しが可能なので清潔に保つことができますし、無色透明なので装着していても矯正治療を受けていることに気づかれません。